私が考える、シャイニージェル・パワーベースを使用する理由




ネットやショップでジェルネイルの材料が手軽に買える昨今、

指先のおしゃれが手軽にできるようになりました。

 爪への負担が少ないと言われるジェルでも間違ったやり方と知識で爪を傷めている方も少なくありません。

実際、私自身も

“ジェルは定着していたら良い”

“ジェルが1ヶ月以上保つサロンが優秀である”

“より定着させるにはプライマーにサンディング・・・”

とシャイニージェルに出会うまでは思っていました。


 2017年にずっとサロンでメインジェルとして使っていたジェルメーカーが世の中からなくなりジェル探しをしなくてはいけなくなりました。 

いざ色々なジェルを触って体験してみると

こんなにもジェルメーカーによって特徴や触った感覚が違うのかと思いました。

そこからジェルの特性やジェルブランドの特徴を知りたいと思うようになりました。


 まず私の爪もそうでしたが、ジェルを付けていると爪の厚みが出て丈夫ですが、

ジェルを外したら地爪はボロボロでペラペラ・・・

だからまたジェルをつけないとダメ・・・ 

でも痛んでるからだんだんとジェル保ち悪くなってくる・・・

なんてことがありました。

 “爪を丈夫にしてくれてるけど地爪には負担がかかっている” 

よく考えたら相反することだなと思うようになりました。

 オフ剤が爪や皮膚を乾燥させてしまうのは承知ですが、

それだけで爪がボロボロになるとは考えにくく、そもそものジェルだったりジェルを装着する際の工程に爪を傷ませてしまう原因があるのではないかなと思うようになりました。




 いくつかジェルを知ってくうちに出会ったのがシャイニージェルでした。

 今まで学んできたジェル理論が全てと思っていた私にとってシャイニージェルの理論はとても衝撃的で魅せられるものがありました。

 “酸”の入ってないジェルで水も仲良しなんて今までのジェルでは考えられません。

 理論がわかるからこそオフもスピーディーで削りもダストも少なく爪への負担もより少なくできる。

 扱っていく上で決して簡単なジェルではないですが、

特徴とコツがつかめたら爪質改善にも繋がり、

お客様に「爪がボロボロだからジェルお休みしましょう」

なんて言わなくてよいジェルブランドではないかなと思い導入を決めました。

 実際、導入して1年以上経ちましたが私自身の爪やお客様の爪がしっかりしてきたなと思えるようになり、

お客様もそれを実感して頂いています。 


お客様の爪質の変化やジェルの特徴をより知っていく上で、

このジェルの良さや楽しさを後輩やこれからジェルネイルをやってみたい方やネイリストを目指す方に伝えて行きたいと思うようになりました。

 ジェルや道具、ツールがあふれている世の中でネイルに携わるプロフェッショナルだからこそ、

そのジェルメーカーのジェルをよく知り、理解し適切な施術を施す、

キレイで保ちの良いジェルネイルを楽しんでもらいたい、

それを伝えたいという思いからインストラクターを目指すようになりました。 


今現在活躍中のネイリスト向けのレッスンやこれからネイルを学びたいという方へのセミナーやレッスンをサロンにて随時開講中です。

私のように他メーカーから移行するネイリストやネイルサロンもまだまだあることと思います。

きっと私が思った疑問はネイリストならば絶対に思うこと、同じ立場で考え伝えられると思っています。

そして、これからネイリストになりたい、ネイルに興味があるという方には正しい知識を持って安全にジェルの楽しさを伝えて行きたいです。

 そして、シャイニージェルのカラージェルはとても発色の良いジェルが多く、

ミキシングなどもすればカラーバリエーションが無限大です。

アートが好きな私としては色彩の知識も活かしながらシャイニーのカラージェルやアイテムを使ってできるアートバリエーションも増やし追求して行きたいです。 



なんてたまには真面目に語ってみたり・・・


Nail&Eyelash Salon en

田園都市線・横浜線・こどもの国線 長津田駅北口より徒歩7分 田園都市線沿線沿いの住宅街に実はある隠れ家サロン プライベートな空間でゆっくりお過ごし下さい ネイルレッスンも受け付けております プロ・セルフネイラー、レベルに合わせたカリキュラムもご相談下さい

0コメント

  • 1000 / 1000